特殊清掃の内容を紹介

特殊清掃という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

通常の清掃業務とは異なり精神的・技術的に難しいものでもあります。

特殊清掃の内容はと言いますと、自殺や事故、殺人、孤独死などがあり遺体が残った部屋や現場を清掃することになります。

もちろん通常の清掃だけでなく、除菌や消毒も一緒に行っていかなくてはなりません。

このような現場を皆さんは見たことがありますでしょうか。

ない方が多いでしょう。

このような現場、もしくは部屋は壮絶なものだと聞きます。

ですので、一般的な清掃業者ではできないものなのです。

そのため、ネクストのような特殊清掃専門の業者がそうした作業を請け負っているのです。

具体的にどのような清掃をしていくかと言いますと、消臭や消毒そして、部屋や現場に集まっている害虫を駆除していくようなものになります。

また、部屋や現場には体液や血液が付いてしまっている場合もあるでしょう。

これらの跡をきれいに消すということはやはり通常の清掃ではきれいになりません。

専門的な知識を持って、特殊な清掃を行わなければならないのです。

また、このような特殊清掃という仕事があるのも、こういった仕事は遺族の方ではなかなか行うことができないということもあるのでしょう。

技術的にも難しいと思います。

それだけでなくただでさえ親族がなくなってしまいショックを受けているのにそれをさらに追い打ちをかけるように、遺体のあった現場をきれいにするなんて、精神的にできないと思います。

このような理由で特殊清掃のお仕事は存在しているのです。

なかなか大変なお仕事ということがわかるでしょう。